外メシシリーズ2015~9月第一週Part1~

のんびりしてたらもう1年か。追いつけるんだろうか。

9月1日

夏休みを取った。午前中遅めにここは久しぶり。

150901_114220

そば、ゴボウ天と・・・なんだろう?w
ゆで卵もつけて。ホント、ここのゴボウ天旨いんだよなあ。

野郎三人で献杯と墓参。集合は渋谷

150901_133800

献杯。

150901_133816

3人だからね。少ししょっぱい味がした。なんというか、うん、去年も今年もしょっぱい。9月1日はしょっぱさを噛みしめるんだろうな。冒頭に書いた追いつけるんだろうかは、日記の日付だが、別な意味で追いつけるんだろうか。

野郎3人は更に献杯を。

150901_141921

ただの飲み会かよw
焼餃子、炒麺、肉野菜炒め。おとなしく飲んでるがややビールの瓶が小さいかな、俺達には。写真見るたびに食べたくなる店の典型。

渋谷からグリーン移動。with Beer。だから、ただの飲み会かよw。
墓参後平塚に移動。今日の反省会。

150901_193753

だから、ただの飲み会かよw。冷しタンメンにわかめ。ラー油がまたね、素敵なセンセーション。故人を偲ぶ1日。飲みてえなあ。 “外メシシリーズ2015~9月第一週Part1~” の続きを読む

ラーメンに関わる言葉

言葉はその時代時代で変質していく。
同じ言葉なのに、意味が変わってしまう。
元は違う言葉なのに、同義として使われてしまう。

仕方のないことなのかもしれない。
しかし、その変質した言葉についていけないの人間がいるのも事実。
私はラーメンが好きだから、ラーメンに関わる言葉が変化していくのはちょっと気になる。

「タレ」に対して「返し」と言う言い方をする。
本来は砂糖と醤油を煮返して馴染ませたものが「返し」。煮返すことによって醤油の角が取れて丸くなる。

煮返さなくても「返し」と言う名になることはある。「生返し」なんてのは醤油に火は入れない。だから本来「生返し」なんて言葉は矛盾を含んでいる。

とはいえ今のタレは、そばの返しのように煮返して熟成させるものもあるから必ずしも違うとは言えない。「タレ」を「返し」というのは理解の許容範囲内だ。

“ラーメンに関わる言葉” の続きを読む

社会人観察日記

路麺やさんでの出来事。

会社員と覚しき、彼らは必ず3人で出没する。
3人の特徴は大杉漣風、さかなクンフェイス、北野誠似の作業員風だ。
大杉漣似が多分上司、その同期らしい魚フェイス、明らかに若い北野誠。
で、大杉とさかなクンは、多岐にわたる中身のない話をいつも交わしている。

今日の講義はアイアンのアプローチw。
その二人より若い北野は、無言で待っている。

いつも注文は大杉がせいろ系、さかなクンが熱い汁系、北野は冷やし系。
なので北野はいつも1ロッド遅れる。

大杉とさかなクンが余裕綽々でそばを啜り、多岐にわたる中身のない講義を論じている間、北野は一心不乱にそばを啜る。
大杉とさかなクンに遅れること約20秒、北野は食べ終わる。
そして仲良く3人で退店。

正しい社会人の縮図だ。