外メシシリーズ2015~7月第四週Part2~

7月22日

製品の引っ張り試験をするべく三田にやってきた。海側なのでここで昼飯をば。

150722_132720-2

あっさり武蔵ら~麺。オクラなどの具材の組み合わせもいいし、確かに旨いんだが・・・・・・。武蔵ってイメージは私の中で強烈なので、肩すかしを食った感は否めない。いや旨いんだよ、もう一度食べたいんだよ。でもなあ・・・・・・

7月23日

今日から一泊の出張。朝の雨も何のその、高崎に向かう。最近のお気に入りの朝飯。

150723_093213-2

温かい味噌汁もあるし、高崎までのんびり105分。

高崎に着いたら真っ先に行きたかった店。漫画のモデルになった

150723_113217-2

ワンタンメンを手打ち麺で。官能的なてゅるてゅる。透き通った醤油は旨味やや強めだが、豚も強めの一発回答。こういうの嵌まるんだよなあ。死ぬ寸前に食べたいのってこういうのかもしれないなと実感。余談だが、タクシーで住所を言ってもわからなかったが、店の名前だとすぐわかってもらえた。高崎駅からなら1000円ちょい。

高崎での仕事を終えて、上越新幹線で新潟へ。チェックインして、すぐに夜の街へ。お目当ての店はこちら

150723_185924-2 150723_190543

まずはのどを潤してなのだが、間髪入れずに日本酒。いろんな種類を頼む飲み方もあるが、ここは和楽互尊超辛口一点勝負で行く。

150723_191933-2

え???のっけから変化球?普通の店なら、何の疑問もないが、ここの卵焼きはこれじゃないよ。でも、ここら辺が大将の遊び心。

150723_192243-2 150723_192402-2

昆布締めにしたヒラメ。飴色が美しい。味も美しい。コチはかんずり醤油で。旬の白身はやはり良い。のどを通る瞬間が何とも言えん美味。 “外メシシリーズ2015~7月第四週Part2~” の続きを読む

外メシシリーズ2015~4月第一週Part4~

4月4日

2か月に1度の「心を動かす野菜」を使った食事会。今回は六本木。やっぱり楽しみだな。

「アミューズ3種盛り合わせ」
小松菜W5311の一口スムージー 春牡蠣の温かいフラン オイスターリーフ
三元豚のリエットのプチエクレア スプラウトルッコラ150404_182135

のっけから力作。前回も出た「日本一美味しい」小松菜W5311(製造者談)を使ったスムージー。野菜の美味さ爆発。
フランは平たく乱暴に言えば茶碗蒸し。上に乗ったオイスターリーフは、葉なのに味と風味は牡蠣(!)。春牡蠣との相乗効果は、牡蠣好きには堪らない。
リエットはエクレアで包んでいるので、特有の諄さを感じることなく、一口で旨味を味わえる。そこに添えられた若いルッコラがさらに余韻をたなびかせる。スプラウトの味の強さは、これから育つ野菜の生命力に溢れている。

「一皿目のオードブル」
北海道産ニシンのスモーク、塩トマト、小松菜W5311のテリーヌ、ボタン海老添え
カーボロネロのわき芽 スプラウトスイスチャード150404_183652

これも力が入っている。ニシンとトマト、小松菜という異種格闘技のような組み合わせに、ラウンドガールのごとく花を添えるカーボロネロとスイスチャード。日本語では黒キャベツと不断草。取り合わせの妙とはこれなのか。ニシンの力強さ、魚くささを受け止める小松菜、甘みのあるカーボロネロ、なくても違和感はないがあると妙に居心地のいいスイスチャード。だが、おかげで浮いてしまうボタンエビ・・・・・・スモークかローストした方がよかったかもなあ。

「二皿目のオードブル」
新潟産天然青首鴨、フォアグラ、ホロホロ鶏のパテアンクルート
ルッコラの蕾 カプ間引き莱 りんごのピューレ添え150404_185438

鴨とフォアグラ、ホロホロ鶏かあ。単体の方が嬉しいかなあ、ちょっと重たい・・・・・・と思ったのだが、リンゴのピューレが絶妙にハマる。なるほどパイ皮で包むのは意味があるのか。フレンチ、やるね。ややほろ苦い蕾と、カブの間引き菜、まだ若い野菜の美味さを味わわせようという意図が見えてくる。ただ、ちょっとパテが大きくて、味が強くなりすぎるかな・・・・・・ “外メシシリーズ2015~4月第一週Part4~” の続きを読む