順位予想2016~パ・リーグ

まずはパ・リーグ。

予想順位

1位 福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクは穴がない。誰かがケガをしても代わりが必ずいる。
投手陣は絶対的なエースという存在はいないが、確実に勝ちを拾える。武田、バンデンハーク、攝津、中田に岩嵜か大隣。ここに和田がプラスされて盤石。寺原、松坂を頭数に入れなくていいくらい。中継ぎ陣は先発も可能な千賀をはじめ、五十嵐、森、バリオス、森福など人材に事欠かない。そこに持ってきて守護神サファテ。どこから崩すのか、どこから崩れるのか考えづらい。
打線を見ても松田が残留したのが大きく、李大浩の穴は内川が一塁に回ることで埋まる。昨年出番のなかった長谷川が使えるし、柳田、中村、吉村ともうすでに外野は余ってしまう。涎が出そうな戦力だ。ぶっちぎりもあり得る。

2位 北海道日本ハムファイターズ

通常なら優勝できるだけの戦力を持っているのだが・・・
先発陣は大谷、復活した吉川、メンドーサに有原、中村勝、浦野、新外国人のバースか。大谷が確実に勝てれば計算ができる先発陣で、中抑えは、白村、マーティン、宮西が軸になり、増井につなぐ勝ちパターンの継投が確立。気になるのは左腕がいないこと。それと斎藤佑樹は今年ダメなら・・・
打線を見ると中田翔、田中賢介、レアード、中島の内野陣に陽岱鋼、岡、浅間ときて西川と杉谷。打線の穴は捕手くらいだ。近藤が定着すればいいのだが、今年もDHか。すると大谷はどこへ・・・そこがここの最大のネック。二刀流は夢があっていいが、本当に勝ちたいのかは疑問。いろいろと固定する必要があるチームだ。

3位 オリックスバファローズ

昨年は2位に予想したのだが、まさかのケガ人失速。何となくそれがチームカラーに見えてしまうところが・・・
投手は金子が最初からいるのが大きい。西、ディクソン、東明に近藤大か。ここに近藤一や山崎福、松葉。それなりにそろっているし、ケガさえなければいける。昨年ケガに泣いたリリーフ陣は実績から佐藤達、平野、岸田、海田、比嘉。上手く回せば勝ちパターンも見える。抑えに予定のコーディエが未知数なのが不安。
打線は安達がいない分が割引。中島はショートで蘇生されるだろうか。糸井の復活と未知数のボグセビック、モレルも鍵を握る。ブランコも腐らせずに使うことができるか。移籍してきた巨大戦力のはずの選手たちが昨年発揮できなかったパフォーマンスが見られれば・・・

“順位予想2016~パ・リーグ” の続きを読む