順位予想2016~セ・リーグ

今日はセ・リーグ。
どうせ、1位はあれだろうって?そうなんですけどね。

1位 阪神タイガース

消去法なんですよ、今年。タイガースが強いんじゃなくて、他が強くないw

まずピッチングスタッフ。もうエースと言えるだけの実績、信頼度の高い藤浪を軸にメッセンジャー、能見、岩田。去年はここまでだったが、ここに藤川。往年の快速球からのイメチェンがしばらくは通用するだろう。6番手を岩崎、岩貞、秋山、岩本。まあ、ここが出てこないのが悩みと言えば悩み。中継ぎは去年と代わり映えしない。いつまでも福原安藤ではないと思うがねえ・・・・・・最大の不安はクローザー。マテオ・・・・・・ねえ。ここがポシャって藤川が回るようだと一転大ピンチだが。
野手陣は、生きのいいのが二人の伸びてきた。高山と横田。マートンの穴は埋まるだろう。多少は目をつぶってでも使い続けてほしいものだ。この二人のおかげで打線は厚みを増した。鳥谷を6番、懸案のサードに入るヘイグに過度の期待をしなくていい。控えに上本と大和が回る。今成、江越もいるわけで、貧弱感のあった(笑)俊介、柴田、緒方、荒木あたりの出番は減るだろうな。高齢化ももちろん気になるが、ようやく出てきた芽が何かを変えそうな気がする。攻撃力アップが最大の強化ポイントだ。あとの問題はキャッチャー。やっと開眼した岡崎を使っていくのか、梅野を育てるのか。監督だけが目立ったような就任時から、選手に目が行くようになったのはいいことだと思う(笑)。

2位 東京ヤクルトスワローズ

昨年は打線が強力で、奪ったリードを強力なリリーバーが守るパターンだったが。

中継ぎのロマン、抑えのバーネット、これが抜けたのは痛い。まず抑えをどうするかだが、ここはオンドルセクが回ることになるだろう。つまり、中継ぎが2枚抜けることになる。先発していた石山が中に回るのか、秋吉、久古は確実としても、新外国人に頼るしかないのか。先発陣が小川、石川以外は5回が目途なので、救援陣にかかる負担は大きい。また復帰した館山も1年続けては厳しいのではないかな。成瀬、新垣、杉浦、山中と頭数はいるが突如の乱調が多いので計算を立てづらい。ルーキー原が活躍すれば、連覇が見えてくるか。
打線は昨年よりさらに恐ろしい。一番に坂口が固定されて、しかもバレンティン、畠山が開幕に間に合ったとなれば穴がない。しかも、このメンバー、バレンティンを除き守備力も高い。若干弱めの投手陣を打線がカバーする、若干弱めの投手陣を守備力で救う、どちらにしても、この戦い方しかない。

3位 讀賣ジャイアンツ

うーん、これも消去法なんだよね。上2つが抜けたらあと4つは大差がないからなあ。それに、チーム内の雰囲気は最悪だろうなあ。

投手陣は菅野はいいとして、高木勇、ポレダ、内海、田口で回せるのか。杉内、マイコラスが復帰するまで持ちこたえられるのかだ。キーは内海だろう。内海が昨年並みだとBクラスもあり得る。桜井、大竹、今村、小山で埋められれば逆に強力なのだが。そして影が差してきた救援陣も不安材料。沢村は良いのだが、勤続疲労が見られる山口の酷使が続くようだと厳しい。以前ほど顔を見るのもいやという度合いが落ちている。先発から再度配置転換のマシソンも安定感はあまりない。宮國、西村、戸根が中継ぎに回るか。とはいえ、コマは豊富なので、上手く噛み合えばあまり心配しなくてもいいようには見える。高木京1枚抜けてもなんとかなりそうな気もする。
 打線は昨年ほど打てなくはないのではないか。ギャレットとクルーズが加入したおかげで、片岡がサブに。立岡の一番が上手く機能すれば、引けを取らない打線。あとは坂本と長野の自分勝手な打撃がなくなれば。阿部と村田はちょっとピークを過ぎた感が強い。勝ちを捨てて、坂本を長い目で育てたように、岡本を使い続けたら、来年以降はかなり驚異だが。 “順位予想2016~セ・リーグ” の続きを読む

順位予想2016~パ・リーグ

まずはパ・リーグ。

予想順位

1位 福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクは穴がない。誰かがケガをしても代わりが必ずいる。
投手陣は絶対的なエースという存在はいないが、確実に勝ちを拾える。武田、バンデンハーク、攝津、中田に岩嵜か大隣。ここに和田がプラスされて盤石。寺原、松坂を頭数に入れなくていいくらい。中継ぎ陣は先発も可能な千賀をはじめ、五十嵐、森、バリオス、森福など人材に事欠かない。そこに持ってきて守護神サファテ。どこから崩すのか、どこから崩れるのか考えづらい。
打線を見ても松田が残留したのが大きく、李大浩の穴は内川が一塁に回ることで埋まる。昨年出番のなかった長谷川が使えるし、柳田、中村、吉村ともうすでに外野は余ってしまう。涎が出そうな戦力だ。ぶっちぎりもあり得る。

2位 北海道日本ハムファイターズ

通常なら優勝できるだけの戦力を持っているのだが・・・
先発陣は大谷、復活した吉川、メンドーサに有原、中村勝、浦野、新外国人のバースか。大谷が確実に勝てれば計算ができる先発陣で、中抑えは、白村、マーティン、宮西が軸になり、増井につなぐ勝ちパターンの継投が確立。気になるのは左腕がいないこと。それと斎藤佑樹は今年ダメなら・・・
打線を見ると中田翔、田中賢介、レアード、中島の内野陣に陽岱鋼、岡、浅間ときて西川と杉谷。打線の穴は捕手くらいだ。近藤が定着すればいいのだが、今年もDHか。すると大谷はどこへ・・・そこがここの最大のネック。二刀流は夢があっていいが、本当に勝ちたいのかは疑問。いろいろと固定する必要があるチームだ。

3位 オリックスバファローズ

昨年は2位に予想したのだが、まさかのケガ人失速。何となくそれがチームカラーに見えてしまうところが・・・
投手は金子が最初からいるのが大きい。西、ディクソン、東明に近藤大か。ここに近藤一や山崎福、松葉。それなりにそろっているし、ケガさえなければいける。昨年ケガに泣いたリリーフ陣は実績から佐藤達、平野、岸田、海田、比嘉。上手く回せば勝ちパターンも見える。抑えに予定のコーディエが未知数なのが不安。
打線は安達がいない分が割引。中島はショートで蘇生されるだろうか。糸井の復活と未知数のボグセビック、モレルも鍵を握る。ブランコも腐らせずに使うことができるか。移籍してきた巨大戦力のはずの選手たちが昨年発揮できなかったパフォーマンスが見られれば・・・

“順位予想2016~パ・リーグ” の続きを読む

にょ

元大関貴ノ浪が亡くなった。

大きな身体で、大きな取り口だった。

小兵力士に双差しになられても外四つのまま、起重機のように吊り上げたり、大型力士には珍しい足技、河津掛けを駆使したり。

あの若貴ブームの頃、間違いなくそこに彩りを添え、且つ主役になることもしばしばあった。

横綱にこそなれなかったが、大関陥落後も4年近く下位で相撲を取り続けた。

美男力士ではあったが、相撲人形にするにはやや足が長く、それがかえって現代の力士を象徴していた。

学士様と外国人ばかりになってしまった相撲界のなかで、異能という言葉がピッタリ嵌まる力士だった。

これからどんな弟子を育てるのか、相撲解説の楽しさを味わわせてくれるのか、まだまだこれからなのに。

残念でなりません。安らかにおやすみください。