たぬきのマンガ夜話~第1回~「おせん」

  今回の内容は「おせん」 作:きくち正太

 osenmattou

「おせん」全16巻
「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」全11巻
いずれも講談社イブニングKC刊(kindleバージョン有り)

『笠置の宿には過ぎたる花がふたつある
 ひとつぁ 千成神社の弁天桜
 もひとつぁ 本所百軒下田谷屋敷
 江戸の北斎 京伝も
 この花だきゃぁ 筆にもできめぇ
 老舗花茶屋”一升庵” 暖簾に咲いた花の名は
 半田仙こと 通り名 おせん
 まずは衆目衆目』

上記は一巻の巻頭の扉絵に書いてある一節。
料理マンガではあるが、どちらかというと和の文化に重心を傾けた人情ものと言える。作者の趣味であろう料理・骨董などの話題が多く、その手が好きな人には堪えられないテイストである。

主人公は、一升庵という店の呑んべえで食い意地の張った天然若女将「半田仙」、通称おせんなのだが、物語は大学新卒で、甲府の旅館の跡取りでもある江崎ヨシオの視点から語られている。ストーリーは江崎が就職するところから始まり、跡継ぎに帰る直前までが綴られている。

江崎にはグリコというニックネームが付けられるが、この辺のベタさが割とツボ。そういえば、むかし「軽井沢シンドローム」でも純生クンがアサヒとかキリンとか呼ばれてたな(笑)

一升庵という店は、笠置の宿にあると言うことになっているが、当然そんなところは東京にはなく、設定としては鈴木春信の絵画にある、笠森お仙がいた谷中の笠森稲荷神社周辺がモデルと思われる。
戦争で焼けてしまったが、そこには星岡茶寮があり、一升庵の店構えはそれをモチーフにしているのだろう。

続きを読む

たぬきのマンガ夜話~プロローグ~Graduate from “BIGCOMIC SPIRITS”

英文として正しいのかこのタイトルw

創刊して間もないビッグコミックスピリッツを、購読し始めたのが17歳の時。
「軽井沢シンドローム」を読みたくて、月に2回刊だった同誌を、忘れないようにカレンダーに印を付けてまで購入していた。
「めぞん一刻」や、「ぼっけもん」なんかが連載されてたな。
「美味しんぼ」が始まったときは口調のマネしてたし、悪の権化化学調味料説や、ドライビールには実態がないとか、喫煙者には和食職人(特に生魚を扱う職人)は勤まらない説にうんうんと頷いていた。
(今でもそれが好きじゃないのは、その味が嫌いだからである。美味しんぼはきっかけにはなっているがw)

「冒険してもいい頃」の青年漫画にありがちのお色気や「出直しといで」なんかの学園モノや「ツルモク独身寮」なんかの青春モノ、「なぜか笑介」・・好きだったな。
スポーツ系は「やったろうじゃん」とかの野球モノ、ナンセンスは「汚染るんです」「くまのプー太郎」「ブラック&ホワイト」・・影響されたな。
黒歴史ともいえる「オヤジ高校生」「以蔵のキモチ」「パパリンコ物語」も全部読んでたな。
おっと忘れちゃいけない「気まぐれコンセプト」
あの当時”え?これがドラマ化されるの??”と思った「同・級・生」「東京ラブストーリー」「妻をめとらば」「瑠璃色ゼネレーション」なんかもスピリッツだったし、スピリッツ万歳。

続きを読む