たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察<高校野球編1~ドカベン>

先日、「ラスト・イニング」について書いてみたが、野球マンガというのは一つのジャンルが構成できるほど数が多い。力作、快作、怪作が多士済済の野球マンガについて、話を進めてみたい。

ひとえに野球マンガと言っても、その環境で大きく分類することができる。シンプルに分ければ高校野球とプロ野球だ。どちらも何しろ数が多いのでまずは高校野球編から行ってみようかと思う。

高校野球マンガと言えば「ドカベン」 作:水島新司。異論はあろうが、私の年代ではパイオニアである。

 ドカベン

「ドカベン」1巻から48巻
秋田書店少年チャンピオンコミックス刊。

この物語は中学編から始まる。鷹丘中学校に転校してきた主人公山田太郎と、もう一人の主人公といっていいだろう岩鬼正美の出会いからストーリーが進んでいく。
当時すでに、野球マンガの第一人者として活躍していた水島新司が、他紙で「男どアホウ甲子園」を連載していたために、何故か柔道マンガとして始まる。
実はこの柔道編がいい味しているのだが、ここはまた別の機会に。

ある事情で野球をやめていた山田太郎が、再び野球を始め中学の野球大会に出場する。
岩鬼の他、殿馬がチームメートとなる。殿馬は顔はアレだがいろいろと才能のあるキャラクターとして描かれ、人気を博す。
そして、高校に進学し、里中と出会う。ここで明訓四天王の誕生だ。里中のフルネームは当時親交のあった里中満智子にちなむ。

“たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察<高校野球編1~ドカベン>” の続きを読む

たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」

今回の内容は「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」 原作:神尾 龍 作画:中原 裕

 LastInning

ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」1巻から44巻
いずれも小学館ビッグコミックス刊。

「8勝92敗でも甲子園に行ける」
そんな馬鹿な、という感じで始まるこの漫画。

かつて35年前、甲子園に出て初出場初優勝してという(一応)名門彩珠学院高等学校(通称サイガク)。その学校が経営上ピンチになり、野球部を廃部させて赤字を縮小するという大人の判断に対し、その優勝メンバーでもある学校長が自分が監督をしていた時代に選手だった鳩ヶ谷圭輔を再建のために連れてくる。 鳩ヶ谷圭輔はインチキセールスマンで生計を立てていたが、上司と彼女に騙され、収監される。学校長が保釈金を払って釈放させるのだが、最初は全くヤル気を見せない。

「甲子園に出場できなければ廃部」という設定に、一見しただけでこのままでは甲子園は無理だと判断して、「オレのやり方に口出しはご遠慮願えますか」と、釘を刺した上で監督に就任する。

エースの日高を刺激するためにいろいろと策を練ったり、下級生キャッチャーの八潮を野球とは全く関係なさそうな独特の練習法でインサイドワークを高めたりと今までの野球マンガとは異なる視点で、ストーリーを進めていく。

規則の盲点を突いた補強策やら、ダーティな大人の思惑すらも利用してチームを鍛えていく様は痛快な部分が多い反面、高校野球の闇の部分もあぶり出してくる。

他県からの野球留学や、高校野球かくあるべしのようなステレオタイプの意見に、斜め上から切り込んではいるがそれを全否定でもなく、独特の距離を置いた感覚が彩りとなっている。

スピリッツに連載されていた「やったろうじゃん」と比較した場合、同じように監督がメインのストーリーなのだが、本作は野球好きがはまりそうな戦術などの部分に主眼が置かれているので、思わずニヤリとしてしまう。そういえば、「やったろうじゃん」も埼玉なんだな、何か担当者とかのつながりがあるのかな?

“たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」” の続きを読む

たぬきのマンガ夜話~第2回~「獣医ドリトル」

今回の内容は「獣医ドリトル」 原作:夏緑 作画:ちくやまきよし

 Dolittle

「獣医ドリトル」1巻から19巻 最終20巻(2014年11月28日発売予定)
いずれも小学館ビッグコミックス刊。

 設定自体はBJパターン。
この手の設定の王道であるが、安楽死なども取り上げていて、様々に問題提起をする。
患畜の治療とともに飼い主の心まで踏み込んで治療する獣医。

主人公の名前は鳥取健一。通称ドリトル。
動物の言葉が理解できると言われている。本人はそう呼ばれるのをいやがっている。
金には汚く「獣医はビジネスだ。」が口癖だが、患畜には優しい。腕は一流で傷口の縫合スピードなど、かなり。

物語はドリトル院長の鳥取動物病院に多島あすかが治療を依頼するところから始まる。
自分と同じ名前のアスカミライがレース中に骨折し、安楽死処分となるところを阻止し、ドリトルの母校の富沢教授にドリトルを紹介される。

しかし、莫大な治療費がかかるため、その治療費を払うために鳥取動物病院で動物看護士として働くことになる。

通常、競走馬の骨折は獣医が「予後不良」という診断をした場合、安楽死の処置をし、「競走能力喪失」ならば安楽死の処置はされない。

「予後不良」と診断されて、安楽死となる理由は、通常あの細い4本の脚で500キロの体重を支えなくてはならず、これが3本になれば、支えることが難しくなってしまうからである。

仮に治療する場合、蹄の内部が壊死してくる蹄葉炎を併発する可能性が高く、治療法も胴体を吊して行うなど馬のストレスも大きく、またその世話をするに当たっても非常に手間がかかる。
その状態から、競走能力喪失まで復調させるのは並大抵のことではない。
手間がかかると言うことは、治療費がかかると言うことだ。

導入部はそのあたりがわかりやすく書かれており、動物好きを引き込んでいく力がある。

“たぬきのマンガ夜話~第2回~「獣医ドリトル」” の続きを読む