ガクガクブルブルな話(長いです)

某月某日。
某所で飲んでいた私に試練が降りかかる。

飲みにお付き合いいただいた面々と別れ、電車に乗り込む。
電車はほどよく空席が有り、大まかに34分30秒ほど乗車すると目的地の乗換駅に滑り込む。
そこからならタクって帰っても1000円以内。佳きかな佳きかな。

そんなことを考えながらいつしか夢見心地。
ふと気がつくとそこは((((;゜Д゜)))))))

ユーカリが丘・・・・・

実は前日もやらかした試練、それは・・・

成田!!!

(゜◇゜)ガーン
二日続けてやっちまった・・・八街ではない。

昨日はタクシーに乗るも、カード不可。
なので現金凡そ諭吉二人をお支払い、家人に罵倒されながら床につきました。
今日こそは・・・

ユーカリが丘・・・・・

蒼ざめました、さすがに。

上りは当然終わっているので、駅を出てトボトボ。
トホホな気持ちでタクシーに乗る。
先月まで無職無収入だったので、資金に余裕があるはずもなくカードにお縋り。

以下タクシードライバーとわっちの会話。
わ「カード使えますか」
タ「大丈夫です」
わ「東京の葛飾の○○まで行きたいのですが」
タ「住所言っていただけますか、カーナビにセットしますので」

わっち住所言いました。目的地確認しました。ホッ。

わ「申し訳ないけど、寝てると思うので、高速降りたら起こしてください」
タ「わかりました、安心してお休みください」

ドライバーはわっちより年齢がやや上と見える。
ここはベッドタウンとはいえ、地場のドライバーなのであまり垢抜けてはいない。
しばらく走ると、凸凹道のような振動に一瞬目を覚ます。

わ「今どこ走ってるの?」
タ「今千葉北に向かってます」

ふーん、四街道じゃないんだ・・・ま、いいかと白河夜船・・・。
続きを読む