上限容量

サーバの上限容量に達してしまったようで。
移行するので、更新が止まるかもしれません。

しかし、貧弱だなあ・・・・・・・

昨日から、アップデートの度に、「一時ファイルが書き込めません」と出て、インストールに失敗するようになった。

Google先生に質問すると、パーミッションのエラーだとか、「.htaccess」を作れとかいろいろある。しかし、設定を弄ってなくて、いままで使えていたのにそんなことかあるだろうか?

一応、心配だからパーミッションの確認をしてみる。変なプラグインを入れたかもしれないし。……何ともないな。

で、「.htaccess」を作ってアップロードしようとすると、何やらftpが叫んでいる。
「552 Transfer aborted. Disc quota exceeded」
英語、苦手。でまたGoogle先生にお願い。便利だね、Google先生。

すると
「552 転送中断。ディスクの容量制限を超えました。」
だそうだ。(..;)

何だ、そういうことかい。いままで容量なんて気にせずいたが、こんなことが起きるんだね。しかもさっきまでは、自動アップデートできなくて手動で上書きしていたから、気付かなかったんだ。

対策としては、容量を増やせばいいんだが……しゃーない。サーバ、再移転。

意外とこのフレーズで引っかかっている、wordpressユーザー諸氏、容量もチェックしてみた方がいいかもしれない。

なお応急処置として、投稿に添付していない画像を削除した。アイキャッチのみの利用の場合、画像が削除されている場合もあるかもしれない。その際はご一報ください(_ _)

WordPressテーマ作成その1~ローカルの環境設定1

WordPressの構成は、コンテンツとテーマが基本の要素だ。
テーマというのはいわゆる見栄えのことで、これを一つのかたまりとして外観を構成している。見栄えが気に入らなかったりカスタマイズしたいと思えば、このテーマを切り替えることによって瞬時にデザインが切り替わる。
「テーマ」は、ひとまとまりのデータとして管理されます。テーマを切り替えることで、
WordPressではデフォルトで3つのテーマが入っており、「twenty ten 」「twenty eleven 」「twenty twelve」と名前がついている。

開発された年代順になっているので、最新は「twenty twelve」(12/09現在)と言うことになる。これはいわゆる、純正品なので、バグフィックスもすべてwordpress開発チームが行っている。

もちろんカスタマイズはかなり柔軟にできるのだが、画像の入れ替えや、画面の大きさなど、最初から自分の好みで作るのも捨てがたいと思う。

テーマに関しては、やはりそう思う人が多いのか、いろいろなサイトで公開されていて、デザインの美しいものも数多くあり、また商用テーマであれば有償のものもある。

テーマを作るにはPHPCSSの知識がある程度必要だ。
ここで、あまりPHPとCSSに詳しくない私が、学習しながらテーマを作っていくということを備忘録的に何回かに分けて記録していこうと思う。

準備としてXAMPPを導入して、自宅のローカルマシンの中でWordPressのサイトを作成し、テーマの確認を段階的にしていくことにする。
続きを読む →

続・飛んじゃったー

そんなわけでバックアップからの復旧開始。
sqlデータをphpmyadminで流し込めば一発終了じゃん。

あれ?

圧縮しなきゃダメなのか。よし圧縮。
お、一発でできたできた。よーし。

確かに見られるんだけど、公開してたのはメインのドメインだったからね。
修正しないと。

.htaccessを作ってパーミッション変えて
index.phpを開いて、以下を修正。

修正前 

修正後 

簡単ジャマイカと思ったところが落とし穴。
何回リロードしてもそうならない。

おっかしいなぁ・・・

いろいろググってみても特別それについては書かれていない。
あ、もしかすると・・・

そう、パスが通っていない。
インストールしたフォルダとメインフォルダは同レベルなので、一階層上げてから下に下ろさねばならない。
初歩的すぐるミス(^^ゞ

修正前 

修正後 

 

よーし今度こそ・・・あれ?
しばし熟考の上・・・そりゃそうだよ、インストールフォルダ指定してやんなくちゃダメじゃん。

修正前 

修正後

 

むふふ、何とかなりそうだ。よしリロード。

・・・何でよ!! 続きを読む →