虎姫一座「60年代を突っ走れ」

虎姫一座の新作を見に行った。
 
「60年代を突っ走れ!」ってことなので、私より少し上の年代(まあここはいつもそうなのだが)は涙チョチョギレなラインナップ。
まずは映画、ミュージカルで有名なあの曲から始まり、60年代と言えばこのグループこの人というメドレーと続く(書き方がもどかしいw)。そして60年代の世界のヒットポップス・オールディーズ。私がまだ小学生の頃、母がカセットテープを買ってきて、それを安物のラジカセで聴いていたのを思い出してまず感涙。

一転してここの名物でもある和の競演。リーダーのあゆみさん、喉治って良かったね。ここもいつもながら聴かせどころだ。

休憩を挟み、懐かしい映像とテーマで始まるコーナー、ここも「あああああ」と身悶えしそうな流れで続き、演目は続く。

60年代後半から70年代前半に大人気だったテレビ番組(ああ、書き方がもどかしい2w)のヒットメドレーが続いて、そして偉大な二人組のメドレー。

でも一番感涙は、このステージのラス曲。大人気だったテレビ番組のスタッフが若者向けに作った番組から生まれた曲(ああ、書き方がもどかしい3w)。

それは私の青春時代を鮮やかに脳裡によみがえらせ、感涙させるのには十分すぎるパフォーマンス。

前回の入門編に引き続き、今回もオススメ度100%です。今のうちに見ておいた方がいいよ。

セットリストは次のページに。「観てから知りたい」という方は、のぞかないでくださいw

続きを読む →

やのつまプロジェクト

「変な声で変わった曲を歌う変な人」

東京のみならず日本全国が横に激しく揺れた日、その時間、私はビルボード東京にいた。開催中止の不安もあったが、素早くスタッフがライティングなどの確認をし、ほぼ定刻にライブは始まった。

三味線プレーヤーの上妻宏光とのコラボは、異種格闘技に思えるほどだったが、それは自分の不明に過ぎないことに気がつく。

上妻宏光は、太棹をまるでブルースギター、もしくはメタルのように激しくかき鳴らす。三味線の音色なのだが、時にはファンキーさを醸し出す。

対して矢野顕子のピアノは、音階が和に傾くも洋に傾くも自在で、音色が溢れんばかりに豊かに押し寄せてくる。

大昔、山下洋輔にハマったことがあって、そのときのフリーさにも驚いたものだが、彼女のピアノは、和音のどこにこの音があるんだというほどフリー。なのに違和感は少しもない。二度同じ演奏することはできないそうだが。

特筆すべきは、前述の「変な声で変わった曲を歌う変な人」が、全くと言っていいほど違和感がなくなっていたこと。演奏力もさることながら、その声に魅了される。

透明な糸を何本もより合わせて太いロープにした状態なのに、まだ透き通っている。太いクリスタルボイスとでもいうのか、その上で和音のどこにこの音があるんだという音感。

この音感があってこそ、津軽三味線と合わせることができるのか。同行者がまだ温和しいといっていた三味線だが、充分に迫力は出ていたと思う。セットリストは次の通り。 続きを読む →

単位展

身の回りにいろいろな単位がある。
長さの単位があれば、重さの単位、量の単位。

日本の生活に根ざした尺貫法や、PCなどの世界のバイトなどなど。前職の時、SI単位になって換算が大変だったのを思い出す。

六本木ミッドタウンで開催されている企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」を観てきた。

デザイナーが遊び心満載でやってると見えて、展示物はなかなかシュールなものばかり。

1㎝~100cmのものを1cm刻みで展示するコーナーがあったり、「Playing with Standard」という、工業製品を全く意味なく切ったり詰めたりするコーナーとか、ただただ楽しい。

私が小学生の頃だったか、デジタルの腕時計が流行して、それにはたいていストップウオッチが付いていたが、それを使って5秒ぴったりで止める遊びとかやった記憶があるが、この歳になってここでまた体験したり。

一番印象に乗っているのは、ひらがな一文字一文字の重さが書いてあって、それを天秤に載せて計ることが出来るのだが、サンプルであったのがこれ。

unit

思わず笑みがこぼれる展示会、お時間があればどうぞ。5/31まで。