ぼんやり考えること

会いたくなったときに会えない存在。
友人としていつでも会えると思ってると、突然そんな存在になったりする。

そういうことがもう何度あったことだろう。
気がつくと二度と会えなくなって、後悔ばかりが一生残る。

人の出会いは限りあるものだから、大事にしなきゃと思う。
だけど、日々に追われたり、様々な事情から、その大事なことを忘れてしまう。
縁がなかったとあきらめることも、しばしばある。

諍いもある。会いたくない奴もいる。
会いたいときってのはあくまで主観的な感情だから、相手はそう思ってないかもしれない。
でも、やっぱり会えるときには会っておきたい。

拒絶されない限り、主観的でいいんじゃないか。
悟りも何も開いてないし、凡人だから会えない悲しさが身にしみる。

そしてそういうことが増えた事実に年齢を感じる。
昔の仲間と集まったりできることの幸せを感じて、前を向かなくちゃね。

ともすれば後ろ向きになりそうな毎日を繰り返すなら、
誰かに会いに行くのがきっと何かのきっかけになる。

そんなことをぼんやりと考えてしまう。

コメントは停止中です。