想いはつきない

亡くなった友人との思い出。

彼の勤務先の中にあった居酒屋。
1999年だったかな。
20人くらいの飲み会。

この店のゆずサワーは絶品。
馬路村のゆずだもん、そりゃあ旨いさ。
この連中、飲むのがすごく早い。
体の大きい人が多いからね。

いつしか注文は各自2杯ずつ。
「ゆずサワー40杯お願いします」

厨房が追いつくはずがない。
みんなゲラゲラ歓談しながら、ゆずサワーを待つ。
全員分1週目が渡るたびに乾杯!
そしてまたゲラゲラ。この繰り返し。
笑顔のオンパレード。もちろん彼の笑顔もそこにあった。

楽しかったな。今までで一番楽しかった宴会の一つ。

もっとゆっくり飲む機会があったら・・・と思う。
最初に体をこわされてから、あまり飲まれなくなったし。
あの、体中が笑顔のような友人ともう一度・・・・

コメントは停止中です。