だるま食堂の『浅草コント部屋』-八月場所-

だるま食堂『浅草コント部屋』-八月場所-を観てきた。
あさくさ劇亭という小さなスペース(定員40人くらいか)で5分前後のコントを何本か上演するスタイルで、行ったのは初日。

だるま食堂とは女性3人のコントグループで、1987年には、竹中直人や浅草キッド、ダチョウ倶楽部などを輩出したあのテレビ演芸(勝ち抜き時の司会は横山やすしと堀江しのぶ!!)で10週勝ち抜きチャンピオンでデビュー。
途中活動中止期間もあったたようだが、芸歴27年の大ベテラン。

簡単な前説のあと、舞台は始まる。ボケ、オオボケ、ツッコミと3人が役割を変えながらネタを進めていく。
ややベタなネタと、一部オチの弱いものもあるがリズムはすごく良い。

テレビ露出も結構ある大ベテランなのに、それほど知名度は高くないと思う。
この小さなスペースは当然満員で、3日間の公演はすべて売り切れ。つまりコアなファンがいるということ。

イマイチ売れていかないのは何故だろう?
公演を観ていて思ったのだが、何回も足を運んでいるのであろうコアなファンが、大して面白くもないところで大声で笑ったり、明らかに変なタイミングの合いの手を入れたり。
初めて見に行った者にとっては興ざめもいいところで、とにかくウザいw。
せっかく面白いのに水を差す、空気の読めない常連って、果たして必要なのかな?
想像するに、客数の少ない時代から支えてくれているファンなのだと思う。
オープニングのトークの時、差し入れ配ってたし。
お笑いライブを小さいスペースでやる場合、よくある光景だが、そんなの公演後にやれと。あ、もしかして仕込みのスタッフ(笑)?

ネタは一級品とまでは行かないが、また観たいとは思う。芸風も好きだし。
ただその、コアなファンの暴走がまたあるなら次はないなぁと思う。
それが売れていかない理由の一端ではなかろうか?

だるま食堂の『浅草コント部屋』-八月場所-」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 外メシシリーズ-8月第五週Part1- - 風屋根日記2