一日乗車券

通勤手段として一番安い方法は、時間がかかるがバスでの通勤というのを以前に書いた。
お復習いすると、草39系統と業10系統を行きは言問橋で、帰りは本所吾妻橋乗り継ぎとして、一日乗車券を買えばトータル500円で上がるのだが、いかんせん時間が掛かりすぎるので、金町駅(草39)→本所吾妻橋(門33)→月島第三小学校(業10)→新橋というルートにしてみる。これだと行きだけで元が取れる。夏の暑い日などは冷房の中にいられるのでありがたい。

一日乗車券は乗車時に申告して、SuicaまたはPASMOに記録する。機器の操作はドライバーが行うのだが、ごくまれにミスがある。半年くらい前の話だが、一日乗車券を買ってバスを乗り継いだら、しっかり料金が引かれている。気がついたときにはもう3本目で、すでに500円を超えている。さっきちゃんと申告したのに・・・

東京都交通局に電話してみた。
私「一日乗車券を買ったんですが、記録されてないみたいなんです」
都「あーそれは申し訳ございません。確認いたしますので、フルネームとSuicaのIDを教えてください」
SuicaのID・・・・・画面出さないとわからん。仕事中に外からかけてるから、面倒くさい。でも仕方ない、と思って操作してたら電話が切れた。ひとまずSuicaのIDをメモして再度電話。するとさっきとは違う人が出る。途中までいろいろやりとりをしていたから、代わってほしい。
私「さっきの人と代わってください」
都「かしこまりました。少々お待ちください」
待つこと10分。もうすでに電話代で500円分なんて飛んじゃってるw
ようやくその担当さんが出たのでIDを伝える。
都「承りました。調査確認いたしまして折り返しお電話いたします。」
まあ、そうだよな。乗車履歴確認しないとな。しかし、その日は電話がなかった。

3日後。夜7時過ぎに見慣れないコール。その時間はちょっと電話できる状況ではなかったので、夜9時過ぎに電話をしてみた。すると、東京都交通局。事情を話すとしばらく待たされて処理担当の男性が出た。
都「電話代が掛かりますから、こちらからかけ直します。」
お、なかなか親切だな。
都「大変申し訳ございませんでした、履歴確認したら云々・・・・」
はあ、確認していただけたわけですね。
「ですので差額の276円を現金書留で・・・・・」
現金書留??しかも276円w
私「そんなの電話代で吹っ飛んでるし、いらないですよ、どっかに寄付でもしてください」
都「それは規則でできないのです。」
融通効かないw
私「現金書留って家にいなけりゃならないんだよね」
すると裏技炸裂。
「大きい声じゃ言えないが回数券なら普通郵便で送れますから」
回数券ですかw
私「でも276円ですよね」
「色付けますよ。」
すげー。そんなことできるんだ。

さらに数日後。普通郵便で届いた封書の中には回数券が4枚入っていました。
お得感・・・・・ないなあw

コメントは停止中です。