順位予想2016~セ・リーグ

今日はセ・リーグ。
どうせ、1位はあれだろうって?そうなんですけどね。

1位 阪神タイガース

消去法なんですよ、今年。タイガースが強いんじゃなくて、他が強くないw

まずピッチングスタッフ。もうエースと言えるだけの実績、信頼度の高い藤浪を軸にメッセンジャー、能見、岩田。去年はここまでだったが、ここに藤川。往年の快速球からのイメチェンがしばらくは通用するだろう。6番手を岩崎、岩貞、秋山、岩本。まあ、ここが出てこないのが悩みと言えば悩み。中継ぎは去年と代わり映えしない。いつまでも福原安藤ではないと思うがねえ・・・・・・最大の不安はクローザー。マテオ・・・・・・ねえ。ここがポシャって藤川が回るようだと一転大ピンチだが。
野手陣は、生きのいいのが二人の伸びてきた。高山と横田。マートンの穴は埋まるだろう。多少は目をつぶってでも使い続けてほしいものだ。この二人のおかげで打線は厚みを増した。鳥谷を6番、懸案のサードに入るヘイグに過度の期待をしなくていい。控えに上本と大和が回る。今成、江越もいるわけで、貧弱感のあった(笑)俊介、柴田、緒方、荒木あたりの出番は減るだろうな。高齢化ももちろん気になるが、ようやく出てきた芽が何かを変えそうな気がする。攻撃力アップが最大の強化ポイントだ。あとの問題はキャッチャー。やっと開眼した岡崎を使っていくのか、梅野を育てるのか。監督だけが目立ったような就任時から、選手に目が行くようになったのはいいことだと思う(笑)。

2位 東京ヤクルトスワローズ

昨年は打線が強力で、奪ったリードを強力なリリーバーが守るパターンだったが。

中継ぎのロマン、抑えのバーネット、これが抜けたのは痛い。まず抑えをどうするかだが、ここはオンドルセクが回ることになるだろう。つまり、中継ぎが2枚抜けることになる。先発していた石山が中に回るのか、秋吉、久古は確実としても、新外国人に頼るしかないのか。先発陣が小川、石川以外は5回が目途なので、救援陣にかかる負担は大きい。また復帰した館山も1年続けては厳しいのではないかな。成瀬、新垣、杉浦、山中と頭数はいるが突如の乱調が多いので計算を立てづらい。ルーキー原が活躍すれば、連覇が見えてくるか。
打線は昨年よりさらに恐ろしい。一番に坂口が固定されて、しかもバレンティン、畠山が開幕に間に合ったとなれば穴がない。しかも、このメンバー、バレンティンを除き守備力も高い。若干弱めの投手陣を打線がカバーする、若干弱めの投手陣を守備力で救う、どちらにしても、この戦い方しかない。

3位 讀賣ジャイアンツ

うーん、これも消去法なんだよね。上2つが抜けたらあと4つは大差がないからなあ。それに、チーム内の雰囲気は最悪だろうなあ。

投手陣は菅野はいいとして、高木勇、ポレダ、内海、田口で回せるのか。杉内、マイコラスが復帰するまで持ちこたえられるのかだ。キーは内海だろう。内海が昨年並みだとBクラスもあり得る。桜井、大竹、今村、小山で埋められれば逆に強力なのだが。そして影が差してきた救援陣も不安材料。沢村は良いのだが、勤続疲労が見られる山口の酷使が続くようだと厳しい。以前ほど顔を見るのもいやという度合いが落ちている。先発から再度配置転換のマシソンも安定感はあまりない。宮國、西村、戸根が中継ぎに回るか。とはいえ、コマは豊富なので、上手く噛み合えばあまり心配しなくてもいいようには見える。高木京1枚抜けてもなんとかなりそうな気もする。
 打線は昨年ほど打てなくはないのではないか。ギャレットとクルーズが加入したおかげで、片岡がサブに。立岡の一番が上手く機能すれば、引けを取らない打線。あとは坂本と長野の自分勝手な打撃がなくなれば。阿部と村田はちょっとピークを過ぎた感が強い。勝ちを捨てて、坂本を長い目で育てたように、岡本を使い続けたら、来年以降はかなり驚異だが。

4位 広島東洋カープ

大エースが抜けたこととベテランへの負担の問題かな。

ピッチャーは、なんと言ってもマエケンが抜けたのが。しかもそれをカバーする大瀬良もケガで開幕に間に合わない。黒田の負担が増えそうだ。ジョンソンの安定ぶりに、福井、野村が加わっての4人にルーキーの横山と岡田。確実性が低いだけにもう2枚は確実に勝てる先発が欲しい。ただ、クローザー中崎につなぐ救援陣は粒が揃った。ジャクソン、今村、中田、仲尾次オスカルと楽しみなメンバーに九里、戸田と控えている。やや層は薄いがいつでも代われそうなのは強み。新人岡田が使えるようだとそれなりに勝ちパターンも見えてくる。ただ、使い方によっては1年でつぶれそうな・・・。
ルナが加わった打線だが、中日が解雇したアベレージ型の外国人はあまり当てにならないのじゃないかな。パウエルを例に出すまでもないがダシガラ感が強い(笑)そこそこは打つだろうが、エルドレッドの方が怖い。あとは新井。ここのクリンアップは勝負強いのか何だかわからないが、菊池、丸が一昨年並みに稼働すれば得点力が上がる。田中から始まる打線はルナ次第か。守りはエルドレッドが守るレフト、というか外野陣に不安がある。ランナー2塁で丸以外のポジションに打球が飛んだとき、どのように失点を防ぐかが鍵。

5位 横浜DeNAベイスターズ

いい要素を見つける方がしんどいが、まだ下がいるw

開幕投手予定だった山口の離脱は痛い。井納が代わりを務めるが、はたして。計算できるのは、モスコーソと久保康くらいでルーキーの今永と大ベテランの三浦に期待するようでは心許ない。中継ぎ陣は、三上、エレラ、田中、小杉、長田あたりだろうが、エレラが間に合わないのはかなり厳しい。抑えの山崎康が昨年並みにやれたとしても、そこまでつなぐピッチャーがいないことには。
打線は開幕時に石川と梶谷がいない。ロペスと筒香の主軸は問題がないがその前後を打たせたい荒波が二番に回ると得点力は逆に落ちるだろう。ロマックがどこまでやれるかが鍵を握る。桑原、飛雄馬がやや小粒なので、打線と言うより走力で補う野球になりそうだ。狭い横浜スタジアムで空中戦の危険性が少ないのは、他球団には与しやすしとならないか。とにかく石川梶谷待ち。そこまでポジティブにいきたい。明るい新監督も話題だが前監督も明るかったわけだし。

6位 中日ドラゴンズ

ベテランを大量に辞めさせたことが即若返りではない。

先発陣の踏ん張り次第の投手陣。大野意外は不安だらけ。若松、ネイラーも安定感に欠ける。濱田達、山井、ジョーダンで回すことになろうが、軸になる投手がもう一人欲しい。ただ、救援陣は福谷がストッパーだろうと思うが、岡田、田島、福、又吉と見栄えはいい。あとは故障明けの吉見がいつ復帰してどこまで投げられるかだ。
野手陣は、ビシエドが打線のキモか。平田の成長には目を見張るものがあるが、荒木、藤井、エルナンデスに上積みが期待できない。大島も大きな期待は酷だろう。高橋周平を育てる気はあるのか。井領、遠藤などもう少し伸ばしていきたい。また彼らに故障がでたときの代わりになる選手も少なく、あの「人のいやがる野球」をするいやらしいドラゴンズのイメージはない。過渡期なのか暗黒時代なのか、救世主が現れない限り、しばらくはBクラスなのでは。

コメントは停止中です。