評論家

wikiで前職に関連するところをのぞいてみた。
評論家の文献からそこの欄は書かれているのだが、それを読んで、評論家と名乗る御仁に一言。

書かれている内容があまりにお粗末で、突っ込みどころが満載。
それで評論家が名乗れてお足がもらえる。
世間的には、評論家ってのはいわゆる「エラい方」で、その方面の知識は卓越してるのだと思われている。

しかし評論家は専門家ではない。評論家がミスリードするとそれが一般的な常識になってしまうこともしばしば。知名度の高い評論家が浅学なのに書き飛ばす記事を、一般の専門でない読者が、知識として蓄積する。その誤った知識、常識を払拭するのに専門家はどれだけの労力を費やせばいいのだろう。

評論家諸氏よ、もっと勉強したまえ。
製品やその他の知識の弱い分を仕事でやるなら、ちゃんと基本的なことくらいは身に付けないといけない。
毀損にも中傷にもあたらない迷惑な記事、これの始末が一番厄介だ。

コメントは停止中です。