着席事情

最近の電車は着席しづらい。
一人分の尻サイズがパイプで分けられてるし、2-3-2のシステムだと2には座りにくい。パイプじゃなくて間仕切りだけなら何とかなるんだけどねえ。

先日日比谷線に乗っていて。パイプで仕切られた座席、そうあれは車両のエンドにある4人掛けの席に座っていたんだよね。で、やっぱり場所取っちゃうから、小さくなって座ってたのよ。
わっちはそういう席に座るときは左手で右のパイプをつかむ。少しでも小さくなっていようと思う。

霞ヶ関からて、北千住まで眠ろうと。何しろここのところ不規則でやたらと眠い。千代田線よりもゆっくり眠りたいし。
で、空いてた4人掛けに座ったわけですよ。並びは下の通りね。

zaseki

東銀座を過ぎて、ようやく寝落ちして、いい気持ちで。その瞬間・・・・・・

八丁堀だと思う。その空いたスペースに60過ぎくらいのオッサンがドスン。しかもそのオッサン、イヤホンじゃなくて耳栓していて。なんか明らかに周囲のことは気にしない、マイペースと言えば聞こえはいいが、単なる迷惑なオッサン、いるでしょ周りに(笑)

少なくとも人の太ももの上に乗るか乗らないかの勢いでドスンはないだろ。でもって、スペース的にはビチビチな訳ですよ。こんな窮屈なところに座っている自分が哀れで、思わず立ち上がって睨み付ける。オッサン馬耳東風。立ち上がったらもう、座る気にもならず、後はずっと立ったまま。でオッサンと言えば横が空いたので2席を一人で(怒)

えー太ってる私が悪いんですよ。こんなことなら最初から2席に座ってりゃ良かったよ。
こういうヤッタもん勝ちって、いやだねえ、全く。

しかしわざわざCAD図で書くことだろうか(苦笑)

コメントは停止中です。