捨てるのはまだ早い

営業職なら靴は大事なアイテム。ちょっとしたところではチェック対象。尤も前職はテクニカルも含みだったし、何より建築現場が多かったから、履きつぶすことの方が多かった。

たいして高い靴ではないんだが、履き慣れた靴の何足かの、かかとが減ったり剥がれたりなどしてきた。五万円の靴でも三千円の靴でも履き慣れた靴ってのが重要で、日本人特有の甲高段広に、上からの荷重が掛かった私の足に合う靴はなかなか無い。見ると無残にも足の裏部分がぱっくりと割れてるのもあったり、この体重を支えるなら然もありなんと思う。そこで修理に出すことに。

最初は、近所のリペアショップに持って行った。そしたら修理不能と。基本的に買うほど掛かればそりゃ修理しないよね。出も私、諦め悪いし、何よりも履き慣れた靴が愛しいw。

なので勤務先新橋の靴磨きショップへ。ここはリペアもやってるし、何よりも靴のケアのプロがいろいろと対応してくれる。急ぎのやっつけ仕事はしない、そこがいい。自分の持ってるアイテムに対する愛着は自分にしかわからないのだが、そこの琴線を上手に感じ取ってくれるのが何より嬉しい。

修理から上がって帰ってきた靴は、見違えるほど磨き上げられ、「まだおれ、働けるぞ」って靴の声が聞こえる気がする。そのあと履いて汚れた靴の状態になって、そうなるまでケアしなかったであろう自分が恥ずかしくもあるが、磨いてもらうのが楽しみでもあり、不思議な気持ちだ。

もし、手持ちに履いてなくて、でもケアしてまた履きたい靴がある方にはオススメ。単価は修理内容にも因るから差があるけど、満足できると思いますよ。

コメントは停止中です。