外メシシリーズ2015~5月第二週Part1~

5月3日

栃木に行った日。例幣使街道をぶらぶら。古民家のような味噌屋さん

150503_120820 150503_120950

伝兵衛もちと田楽盛り合わせ。田楽はこんにゃく・豆腐・里芋。それぞれに違う味噌がかけ分けられている。素朴だがかなり楽しめる。焼いて味噌乗せただけってのがすごい。

帰りは佐野に寄り道、店の宛てはなく駅前に。

150503_135438

まずはビール。どういうわけだか底の方が凍っていたw。

150503_140152 150503_140609

焼餃子とチャーシューメン。餃子の餡がシンプルで余分な味がしない。ここで期待感が高まって、チャーシューメン。嫌みにならない程度に風味の立つ煮干しと佐野青竹打ちの麺。佐野ラーメンの中でもかなり好み。食べている最中にムスリムの一団が見えた。このお店、ムスリムの方向けにもラーメンを作るらしい。すごい手間だと思うが、その姿勢に少し感銘。どんな風に供するのか見たかったが。

5月4日

出歩く日。最初は日暮里

150504_103312

そば。春菊天半分とソーセージ天にゲソ寿司。ゲソ寿司やっぱりすごい。なんかジャンクでそれでいてゲソ天の良さが発揮されて。車座になって飲むとかそういうときにいいな。

出歩いたあとの夕飯。上野広小路界隈。

150504_192938

まずビール。何はなくともビール。

150504_193149 150504_193211

豚骨炊き餃子と博多一口餃子。食べ比べ。豚骨炊きは皮がチュルンとして喉越しが快感。対照的に皮がパリンとした一口餃子。甲乙付けがたいが、ビールには最高のパートナーの一つ。

150504_193511 150504_194421

焼きラーメンにキクラゲ明太。焼きラーメンのジャンクさがクセになる。キクラゲと明太子の取り合わせもいいんだが、好みは単品ずつの方かな。キクラゲはキクラゲ、明太は明太の方がこの店は楽しいかも。

150504_194816 150504_200232

砂ずりニラ炒めと自家製のポテトサラダ。砂ずり(砂肝)に上手に火を通してあって、食感とのバランスが絶妙。こりこりじゅわっていう舌触り。ポテサラはね、もうねマヨネーズの使い方が美味いんだ。勝ちすぎず控えめすぎず、芋が喜んでる。

150504_201846 150504_201817

ラーメンと高菜ごはんのセット。博多ラーメンで初めて柔らかめをやってみた。おおお、新食感。こりゃ、またクセになりそうな。スープを持ち上げる麺がしなやかで、なるほどこういう楽しみ方もありだな。

コメントは停止中です。