自宅PCの更新その1

家のPCを新しくしようと、BTO製品を購入。32ビットを64ビットに。内容はそのままに引っ越したい。
引っ越しソフトも多数出回ってるし、そんなに面倒じゃないだろうと高をくくっていた。

ネットで引っ越しソフトを見ていると、ケーブル付きってのが多い。ケーブルはクロスケーブル。そうかこれは家にはないな。

日曜日、近所の量販電気店に行く。ソフトごと買ってしまえばいいもんね。しかし・・・・・・そこには前のバージョンのソフトしかない。ソフトはダウンロードしてケーブルだけ買うか。しかし・・・・・・ケーブルがない。普通のLANケーブルはあるがクロスケーブルはない。

最近はこんなもんなのかなと、別のPC専門店に行く。うん、あったあった。2mもあれば足りるな。900円か。

買って帰っていざ。まずは引っ越しソフトをダウンロード。何何?オンライン認証が必要?落としたソフトを解凍してオンライン認証。ここまでは問題ない。

今度は引っ越し先にもインストール?ほう。でこちらでもオンライン認証。そうか、こちらもネット接続しなければならないのか。面倒だ。

LAN端子は1個しかないから、PC同士の接続の時はケーブルを差し替えなくてはいけない。ケーブルを差し替えてソフトを立ち上げる。ウィザードに従って引っ越し元からのデータを。んで、引っ越し先を認識・・・・・・あれ?

認識しない。なんでだ?もう一度最初からやってみる。やっぱり認識しない。参ったなと頭を抱えてもう一度。やる度にオンライン認証をしなくてはならないのがとても面倒。

焦りで混乱しているのか、ケーブルを差し替えないで起動してしまった。ウィザードに沿ってある程度進めてから気付いた。しょうがないなあと思った矢先、おや?・・・・・・認識している。

同一ネットワーク内ならどうやら認識するらしい。なんだ。じゃあクロスケーブル要らなかったじゃん。

徒労感満載で引っ越しを済ませる。おお順調。さすがにマシンスペックが上がったからサクサクだ。しかし、ここから罠にはまる。続きは後日w

コメントは停止中です。