I ‘ m crabby !!

電車の中のアナウンスでイラッとすることはないですか?。

私が普段利用しているのは、東京メトロ直通のJR常磐線。いわゆる各駅停車。
昨日の帰宅時、いつものように霞ケ関駅まで歩く。コンコース、改札と普段通り通り抜け、ホームに上がると、いつもより多い人の群れ。

朝、家から最寄り駅に行くときに途中で高架のホームを見上げて、普段より人が多いとダイヤ乱れだと直感して私鉄に切り替えたりするのだが、そのときと同じ感覚。ただし改札を入ってしまっているので、これに乗らざるを得ない。

始発もあるのでそれを待つという手もあったのだが、なにぶんちょいと急いで帰りたい儀もあり、先発電車に乗り込む。

それほどの混雑はまだ無いが、イヤな予感がする。次駅の案内の途中でお詫びが入る。

「いつも、東京メトロをご利用いただきましてありがとうございます。先ほど15時10分頃、JR常磐線各駅停車・・・・・・」

人身事故でもあったのか??

「・・・・・・線内馬橋・新松戸間におきまして大雨により線路が冠水し・・・・・・」

おお、そんなことが。大雨じゃ仕方ないな。

「・・・・・・一時、運転を見合わせました。その影響を受けまして東京メトロ千代田線もダイヤが大幅に乱れております。・・・・・・」

ああ、それでね。うんうん。

「・・・・・・・この電車は、約20分遅れて霞ケ関駅を発車しております。電車が遅れましてご迷惑をおかけしております・・・・・・」

まあ、それはいいわな。

「・・・・・・皆様に深くお詫び申し上げます。」

くどい。けどまあ、マニュアルなんだろうな。仕方ない。

日比谷駅を発車、駅間の短い次の駅二重橋前。しかし件のアナウンスは繰り返される。

「いつも、東京メトロ・・・・・・皆様に深くお詫び申し上げます。」

少しイラッとする。しかも、これを駅間ごとに綾瀬まで繰り返す。都合11回。かなりイラッとする。

イラッとする要因は

  • 文言がくどい
  • アナウンスが棒読みで、とりあえず言っときゃいいや的な感じが取られる。
  • JR線内で起きたトラブルなので東京メトロが悪いわけじゃありません、というニュアンスも読み取れる。

綾瀬駅到着時はかなりの混雑。250%近い乗車率だ。それなのに、次の列車の綾瀬止まりが到着するまで発車しないという、荒技。そこで後続車両から降りてきたって絶対乗れないだろ。

こういうところ、乗り入れ線の欠点なのか、意思の疎通が取れてないのか、乗客のことをあまり考えてないのか、よくわからんが、殿様商売を感じてしまった昨日の夕方だった。

コメントは停止中です。