内憂外患

改めて自問する。

例えば匿名掲示板があって、そこに軽い気持ちで書き込む。悪気もない代わりに、その先にどんなことが起きるか想像もできない。

質が悪いとは当にこのことで、当人が善だと思っているほど落差が大きい。そこで庇うような発言が出て、それがまたマッチポンプとなり、噂は一人歩きするものだと思い知らされる。

こうなったら言ったもん勝ちじゃないのか。
そんな殺伐とした世間に背を向けるには、一切の世俗を絶って山奥で暮らすしかないのか。

仕事で、プライベートで、他愛のない一言から始まる負の連鎖はどこかで断ち切らないといけないのだが、拡散する情報と悪意のない噂はなかなか切ることができない。

名誉毀損といえばそうなのだが、そこには訴えるべく相手もなく、嵐が過ぎるのを黙ってやり過ごすほかに術はないのか。

全くあきれて開いた口がふさがらない状態でも、朝が来れば仕事に出かけなければならず、心中悶々としたまま新しい毎日を過ごす。

明日晴れるかな。