「ってさ」

この間指定席特急に乗ってたときの話。

ほぼ満席だったので、と言っても出発時は満席ではなかったが、自分の指定された席でタブレット眺めてた。Kindleで、本読んでてさ。静かな環境での読書が出来て嬉しかったんだよね。

途中駅で家族連れが乗ってきた。じじばばパパママ子ども三人。私の席の隣にはパパ。他の6人は一つのボックスに。見たところ、じじばばが私よりやや上くらいでパパママは全然若い。

パパは花粉症なのか風邪なのか、やたらと鼻をかんでいる。まあ生理現象だから仕方ないが、もう少し静かだといいのになあ。

子どもたちは家族旅行で嬉しいのだろう、はしゃいでいる。時々耳をつんざくような嬌声を上げる。もう少し静かだといいのになあ。

で、今日行く目的地の予約をしてなかったのか、ママは電車内で携帯を使う。通話する・・・・

私さすがに我慢できず、パパに

「すみません、もう少し静かにしていただけますか」

と。

すると

「ほら、静かにしてってさ」・・・・・・

「ってさ」じゃないよね、「ってさ」じゃ。

なんで、他力なの?
子どもが騒いでるのは仕方ない。でもそれを躾るのは親の役目でしょ。電車に乗ったら静かにするって教えないのかな?じじばばも何にも言わないし。

まあ、電車内で平気で携帯を使うような親だからムリなのかな。別にヤンキーじゃない、ごく普通の人だったんだけどね。

「ってさ」が妙に耳に残った一日。

コメントは停止中です。