変わる街並み

オリンピックに向けて、交通手段もいろいろと整備されるようだ。
以前に事務所周辺の開発について、記事にしたが、東京都からその骨子について発表があったようだ。

やはり、前述の通り、当事務所の道路を挟んだ向かいの辺り一帯が再開発されるらしい。何か建築物が建つのかと思っていたら・・・

busterminal
バスターミナル!

「都心と臨海副都心とを結ぶBRT協議会」という協議会があるそうで、BRTというのは「bus rapid transit」つまり、バスを基盤とした大量輸送システムのことだ。

日本ではバス高速輸送システムと訳されているものも多い。イメージ的には名古屋市の期間バスが近いか。また、震災後の大船渡線の代替として使われているバスもそう言われている。

どちらにせよ、またも虎ノ門地区が一変しそうだ。一応、所属団体は事務所移転を検討に入れているので、完成時期にはおそらくこの場所からは離れているだろう。20年前に前職で初めて、自社製品を見た場所が当地なので、感慨深いものはあるが、よく見渡すとこの界隈は意外と古い建物が多い。

古いといっても伝統などの重みがあるわけでなく、高度成長期に建築されたビルが多いので、耐震強度に問題があったり、設備が古かったりしてテナントの空きは多い。

急速に移り変わる時代が、再開発の名の下に街を変貌させる。

コメントは停止中です。