忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

ニュースが流れた日、所縁のあるお店に行った。
忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

そういうもののために一人で献杯。
それほど親しくさせてもらったわけではないが、あの笑顔、あの手の温もり。

初めて行った32年前を思い出した。
懐かしい思い出だな。

所縁のあるお店のご主人も、昨年大病して2ヶ月休んだそうだ。
食べ歩きを始めた頃の、パワフルでまだ若かったご主人たちや友人たちも確実に年を重ねていて、ああもうそういう年齢なんだと思うこの頃。

一つ年を取るごとに、忘れることが増えていく。
忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

日々は続く。

コメントは停止中です。