順位予想2015~セ・リーグ

順位予想。昨日のパ・リーグに続いて今日はセ・リーグ。

読売

投手陣のコンバートがどこまで上手くいくか。私は沢村に抑え適性があるとは思えないが。マシソンの離脱で不安の残るセットアッパー陣、確たる柱が菅野・大竹・杉内しかいない先発陣、もう一つ懸念は負けゲーム用の投手がいないこと。打線は昨年と代わり映えしない。阿部に打撃専念させても、それほどの上積みとは思えない。セペダ・村田・坂本と好不調の波が大きい選手ばかりなので、崩せばそれほど怖くない打線ではないか。FAの相川など不透明な要素が多すぎる。チーム全体の地力は認めるが。

阪神

最大の補強が鳥谷の残留ということで。昨年と変わらない布陣で臨む。メッセンジャー・能見・藤浪・岩田が額面通りの働きをすれば強力。5番手6番手も昨年の前半は良かった岩崎・ようやく一本立ちしそうな岩本と揃い、中継ぎも離脱した福原を除いても、島本・石崎・金田・松田と揃い、安藤をもっと軽い場面で使える。呉昇桓も万全で、投手陣だけなら12戦単位で7勝5敗くらいで行けるのではないか。打線のキーポイントは西岡。私は鳥谷と西岡を入れ替えた方がいいとは思うが。下位打線に回った大和で切れ目が出来そうだが、得点力は高い。控えも新人の江越や伊藤隼太らが上手く機能しそうで、世代交代しながら勝つが実践できそう。

広島

黒田の加入ばかり話題になるが、その投手先発陣は強力。前田・黒田に野村、大瀬良、福井。バリントンを出してまで取ったジョンソンも良さそうだ。中継ぎ、抑えがやや不安か。中田は出遅れているし、一岡もケガの不安がある。抑えはヒースか。ミコライオの穴は埋まるんだろうか。打線はエルドレッドの離脱が痛い。穴も多い打者だが一発の恐怖感は計り知れない。新外国人グスマンがどこまでやれるか。緒方新監督の采配も未知数。

中日

世代交代が上手く進んでない。先発陣は山井・大野が軸だが、ここに続く投手が八木、バルデスというのでは厳しい。吉見が復活できるのかがカギにはなろう。中継ぎ陣は浅尾と岡田が不調なのが厳しい。岩瀬も欠き、福谷が抑えに回るだろうがかなり苦戦を強いられそうだ。打線はルナ・平田以外は怖さがない。大島の足は要注意だが、打線が点になりそうな気がしてならない。また、いつまでも捕手谷繁ではないと思うが。

DeNA

投手陣がだいぶ整備された。久保、井納、モスコーソ、山口とここまで確定で5番目が三浦、6番目が高橋で、さらに三嶋もいる。中継ぎも加賀、岡島、国吉、林と駒はそろった。問題は抑え。ルーキー山崎で勤まるのかどうか。ただここ例年よりはかなりいい。しかし、やっと投手陣に目途が立ったと思ったら、グリエルの来日が未定とはツキがない。しかし、筒香を4番に据え前後を梶谷、ロペスで挟む打線はそれなりに破壊力がありそう。足のある石川を固定できたら得点力は上がるだろう。

ヤクルト

今年一番怖い打線がヤクルト打線だ。バレンティンが少し出遅れるものの、山田-川端-ミレッジ-雄平と続く上位は破壊力抜群。ここにバレンティンが戻ればお得意の空中戦のパワーが炸裂する。神宮での試合は他球団に驚異だろう。投手陣も昨年ほど悪くない。小川、成瀬、石川と揃ったところにルーキー杉浦が入り、館山不在の穴を埋めつつある。その館山もシーズン半ばには復帰できそうだ。さらに村中、由規も今年は働きそうだ。そうなると中継ぎ陣だがやや手薄。ロマン、秋吉辺りなのだろうがセットアッパーが確定できないのが不安か。抑えのバーネットも安定感はそれほどでもない。

それを踏まえて、順位予想。

1位 阪神
2位 広島
3位 ヤクルト
4位 読売
5位 DeNA
6位 中日

1位と2位は差がない。また3位から5位までも差がない。
明日の開幕にワクワクしてきたぞ。

順位予想2015~セ・リーグ」への2件のフィードバック

  1. 自分も似たような予想ですが、DeNAの打線が中々だなあと思いました。なんか筒香が覚醒しそうで怖い。我が燕軍団は確かに善戦してるとは思いますが、つまらないミス(四球やエラー、福留のフェイク等)で星を落しているようじゃ、まだまだでしょう。ノムさんの時は相手のミスに乗じて勝ってきたのにね…とはいえ、やっと野球の形になってきたので、今年はAクラス(笑)楽しみです!

  2. >かやまさん

    福留のあれは好プレー。荒木の責任よりむしろ3塁コーチですな。
    とりあえず読売よりは上に行きたいですねw

    なお、文字は直しておきましたよw