たぬきのMusic Chronicle~第6回~佐野元春Part3

鋼鉄のような知恵

VISITORSを発表してから暫くして元春は帰国する。このあとこのアルバムのツアーを敢行するのだが、残念ながらこのツアーは見ることが出来なかった。あとで聞くと相当アバンギャルドなツアーだったらしい。

その後、85年2月に「Young Bloods」を発表するのだが、これがまた「VISITORS」とはサウンド感が異なる楽曲で、「Shout To The Top」によく似ていると言われたものだ。元春の曲はいわゆる本歌取りに近いものが多い。パクりと言う言い方をする人もいるが、本歌に対するオマージュに溢れていると私は思う。

鋼鉄のような知恵、輝き続ける自由・・・タフな人間たちにこそ自由はある。しかし、そこにたどり着くまでいくつの夜を越えるのか。そんなテーマがここにはある。

「Young Bloods」は国際青年年のテーマ曲として、NHKのスポットでもかなり流れていた。そのせいもあって、元春初のトップ10ヒットとなった。いわゆるブームとしてのセールスはこの辺りから急に上昇カーブを描く。同曲の印税は飢餓に悩むアフリカ難民救済のチャリティーとして寄付された。

前後して松田聖子にHolland Rose名義で「ハートのイヤリング」を提供した。ペンネームの由来は諸説ある。この曲はTOPヒットとなったが当時このペンネームが誰なのかというのは、あまり公開されてなかったので話題にもなった。
その後元春は自作詩を音楽に乗せて朗読するという手法をとる。スポークン・ワードと言う手法だが、前回のアルバムで日本語ラップというジャンルを開拓した元春にとって、詩人としてさらに抽象的かつドラスティックに見つめた解釈の音楽とは言えまいか。

この手法は現在までも好んで使っており、その詩には元春の持つ様々な世界観が凝縮されている。音楽、というか楽曲としてメロディに乗せなければならないという制約がないからだろうか。

シングルカットされた「リアルな現実 本気の現実」はセールス的には伸び悩んだ。元春はブームが上昇気流に乗りそうなところで実験作を発表することが多いような気がする。

Café Bohemia

クリスマスソングとして、「Christmas Time In Blue」をリリースしたあと、2年半ぶりに発表されたアルバム『Café Bohemia』は、無国籍感漂うパリのカフェ・ライフがテーマで、アルバムの最初と最後の主題が印象的だ。そしてこのアルバムの楽曲がライブでは一番演奏されるのではないだろうか。

「99ブルース」や「Individualist」などソウルフルかつシャープな楽曲の中で、内包された解放できない悩みを、解のない解として方向のみを指し示す。やり場のない怒りではなく、諦めにも似ているが、何かを変えるためにもがく。そんなセンシティブな街の人々の風景を切り取って見せている。

個人的には「月と専制君主」がこのアルバムで一番好きな曲だが、この曲でさえも王様の耳はロバの耳ではないが、個人としての不満をはき出させる。アレンジが軽いのでそうは聞こえないが、かなり深い意味がある。

そして「Wild Hearts」。これは「ダウンタウン・ボーイ」の続編の世界観だ。あの頃の少年は少しだけ大人になり、社会に出て、車を走らせて、心に少しだけある闇と対峙する。けして立ち位置は幸せ側に踏み込んでいるわけではなく、かといって不幸でもない。これが浜田省吾なら、すべてリアルに纏めてしまうのだろうな。

その辺りの好みは分かれるところだが、私個人は、やはりこのもどかしいまでの大人になりきれない少年、大人なんだが抱えて解放できない闇を飲み込んで生きていく世界観が好きなのだ。闇があるから雲の切れ間から見える日差しに喜びが見えるのだ。

その後、当時巻き起こり始めた原子力発電所の建設問題について、元春自身の考えを「警告どおり 計画どおり」として世に問う。今でも言えることだが本当のことを知りたいだけという、とてもシンプルな心理を唄っている。

ああ、また1枚のアルバムで終わってしまった。つづく。

たぬきのMusic Chronicle~第6回~佐野元春Part3」への2件のフィードバック

  1. 私、VISITORSツアーのビデオに、妹といっしょに映っています。
    ビデオも持っています。姉妹のちょっとした、自慢。

  2. >てんこさん

    それは自慢かも。なんかうらやましいな。