外メシシリーズ2015~2月第一週Part3~

2月7日

夕方の食事会に向けて午後から出動。昼飯は初めてのこちらで。
150207_162117
鶏SOBA。旨い。うん。でも、理屈抜きで旨いなあってのとは違う感覚。あーここがこうなって、こうだから旨いんだーって考えてしまう。こういう感覚のラーメンが増えたな。いや、ホント旨いんだけど。

夜は楽しみにしていた食事会。「心を動かす野菜」を使った食事会で、私も食べるのは初めてだ。
場所は代官山。ここにオープンしたばかりのお店。力の抜けた店名とは裏腹に、中々に気合いが入っている。
150207_182453
ビールの後、手始めはささみの昆布締め。ささみはいい具合に水分の抜けたところに旨味が編み目のように入り込んでいる。この野菜はアレッタか。独特の食感がプラスされ、なおかつ野菜の持つ力が口中に爆発する。

150207_183927 150207_185804
日本酒とハツ。美味しい日本酒いただいちゃいます。ハツの歯触りと肉汁が酒を飲ませる。

150207_192430 150207_192909
ロマネスコと赤かぶ。ロマネスコを初めて見たとき、独特の容姿にちょっと驚いたのを思い出した。クセはなく、野菜固有の甘みが豊かだ。赤カブはもものすけという品種。手で皮がむけるそうだ。生食で旨いカブでカブ特有の土臭さが少なく、といってカブの良さを失っていない。こんなカブもあるんだね。

150207_194651 150207_200413
大根の炭火焼きもろみにつくね。大根はミニ大根?大根炭で焼いて食べるなんて考えたこともなかった。水気の多い野菜だし。あの大根の太さまで行かない前に収穫するそうだが、放っておいてもあんなに大きくならないらしい。水分ないのかと思ったら味が濃密で嬉しくなる。
つくねはここではだんごと言うらしい。ここは本当にいい鶏を絶妙に丸めている。

150207_202851 150207_203647
味が濃い小松菜に鴨とわさびとミックスリーフのサラダ。小松菜はグランプリを獲った品種。小松菜の持つ微かな辛みが素晴らしいアクセント。葉の隅々まで味が濃い。鴨に負けない小松菜は初めてだ。
そしてミックスリーフ。様々な若葉が楽しい。甘み、塩み、苦み、辛みが渾然となっている。野菜を食べる楽しさがある。

150207_204215 150207_205515
自家製蒟蒻!蒟蒻って自家製できるのか。空虚な味を表現するの方法がない。無の境地なのか。これが口内の粘膜に張り付く快感が素敵だ。
ねぎま・・・1本と言わず2本でも3本でも囓りたい。この鶏たちにこの野菜たちの組み合わせ、唸る。

 150207_215928
とりももまででコースはおしまい。何品か撮り忘れたが、堪能した。うん。

150207_223912
イチゴカスタードクリームがデザート。旬のものを当たり前に旬に食べるのが一番旨いと悟った日。心を動かす野菜、素晴らしい。

 

コメントは停止中です。