ケチをつける諸兄

流行る飲食店には、なにかしらポイントの高い部分がある。
味にしろ、接客にしろ、抜きんでている部分が必ずある。

抜きんでている部分を見極め、自分の味覚なり経験なりに合わせればいい。
自分に合うならそれでいい。表現者なら表現すればいい。
合わないなら黙っていればいい。聞かれたら答えればいい。

もちろん、数ある流行っている店の中には、汎用性の高い立地条件がいいだけの店もある。
だが、やはりそれなりにポイントの高い部分はあり、情報が氾濫している時代なればこそ、存在理由はある。

ネット人口がどれだけ増えても、ネットで情報を検索しない人は確実にいるし、その人々の情報媒体はアナログであることが多い。アナログ情報は何年か前の雑誌だったりすることもあるが、情報の取捨選択は本人の意志であり、必ずしもすべての情報が最新である必要はない。

「名物に旨いものなし」と言われるが、観光地の名物で旨いものは数多くある。
街興しのようにあとから人工的に加えられた名物ではなく、旧来から存在する名物に触れるのはいいものだ。
そこに育まれてきた文化的背景を感じ取るのは喜びにもなる。理屈じゃなくて、触れてみて感じ入る。そこに潤いがある。

よくあることなのだが、観光地や、有名店に行ったとどこかに書いたとする。または会話の端に出たとする。
そうすると必ずいるのが「そこより美味い店がある」とか、書き込んだり割り込んでくる諸兄。
そういう諸兄の特徴と言えば、その店またはそのメニューを絶対に書かない。つまり思わせぶりなだけである。
そういう思わせぶりは、情報が氾濫するようになってかなり増えた。「自分だけが知ってます」みたいな優越感に浸りたいのだろうが、私はそういう諸兄の味覚は信じないことにしている。

経験値に対して謙虚になるのは、情報が氾濫すればするほど当然のことだと思える。
例えば限定メニューが豊富な店で、限定メニューしか食べない諸兄がいるが、それに対してはいささか疑問があるのが今日現在の私の考えだ。

え、おまえが情弱なだけだろうって?それは失礼(笑)

コメントは停止中です。