たまには日々雑感

悪質ないたずらって言い方に、違和感がある。
花を植えたり、毎日少しずつ蓄えたり、人の関わる思い入れがあって、関わる人の心が折れそうなことを故意にした場合に、それはすでに精神的な傷害罪だと思う。傷つく人がいて、いたずらで済まされちゃ、たまったもんじゃない。

だいたい良質ないたずらってのがあるのか?
たぶん、良質ないたずらって昔の4コマに出てくるような、チャップリンのバナナの皮のようないたずらのことを言うんだろうが、笑って済ませられるいたずらって実はそんなにない。

パンに楊枝刺したりして逃げ回ってたバカガキがいたでしょ。ホント、人の迷惑なんてモノはつゆほどに感じていない。まだ精神が未熟だからってのは言い訳でしかない。関わる人たちの努力や時間を蔑ろにしている。

しかしいい年をした大人にもそういうタイプがいることは否めない。理解に苦しむようなペンネームや、軽い考えで例を出したり、悪意ギリギリで皮肉を込めるのとは違う、善人と思われるがセンスのない表現しか出来ない人。

オレって面白いだろって誇示したいだけなんだろうな。当事者が気にするだろうことを書き連ねるタイプ。こういうことを書いて面白がっている、「オレ、面白いだろ」みたいなガキ中年が、社会的にこの世代に多い気がする。

もうすぐ私も50代に手が届くが、私より10歳ほど上の年代にだ。
分布的にはさらにそこから10歳上くらいまで、60~70くらいまでに集中している。つまり団塊。

貴方の身の回りにも思い当たることはないだろうか?大分類で「一般にオヤジギャグを言うタイプ」には見当たらない、ちょっと斜に構えてる皮肉屋とも違う、なんかこう扱いづらいタイプ。

こういうヤツは、嫌われ者だということを自覚してない。だから厄介。こんなオッサンにならないためにも、日々精進…て程でもないがw

あ、くれぐれもウチのNF君じゃないことは申し添えますw

コメントは停止中です。