なかなかできないよね

小日向文世という俳優がいる。
最近必ず何かしらのドラマに、どのクールでも出演している。

コミカルなもの、シリアスなもの、オールマイティにこなす。
脚本を選ばない演技力。オンシアター自由劇場出身。

これだけいろんなドラマに出ていて、枯渇しないのかと思う。
精神的にすり減っちゃうことないのかなと思うわけで、その秘訣をこの間発見した。

 「いつもいい状態でいるために、日々の生活の中から楽しみを見つけておく。
  些細なことでいいんですよ。受付の女の子がかわいい、でもいい。自分が
  いる場所でワクワクできるものを見つけて、心を常にいい状態にしておく。
  それがいろんなことを好転させていくんだと思いますよ」-リクナビNEXT より引用

リクナビだから、仕事に関する考え方にベクトルを向かせているのは当然なのだが、これ、できそうでできない。
明日の作業やら会議が気になって、心が疲弊していってたり。落ち込むときはそんなもんだ。

今年はいろんなことがあっていろいろ考えることが多かった。
会社を辞めた理由の一つに、その会社を社員の誰もが愛していないってのがある。

何とか居場所をよくしようと思って動いても良くならない。でも居場所を作る努力はする。
少しずつ仲間を増やして、自分の居場所を、仲間もワクワクする場所を作ろうとしたが、自分が壊れてしまった。

こっちを好きにさせようとか、力めば力むほど失敗するのは当然なんだけどね。

背負う荷物が自分には大きすぎたのかもしれない。
だけど、いつでもやっぱりこういう風にポジティブにいきたい。

そういうわけで可愛い受付の女の子、いないかなぁ(笑)

 

コメントは停止中です。