たぬきのMusic Chronicle~第2回~スターダストレビュー

スターダストレビューってグループ名を初めて聞いたのは、今からちょうど30年前。

カルピスのコマーシャルだったか、ハイトーンのきれいなボーカルが聞こえてきて、誰かなこの人たち?ってのがファーストコンタクト。ただ聞き覚えがあったのも確かだ。それもそのはず、「(ジプシーと)アレレのレ」としてポプコンに出ていたのだ。「おらが鎮守の村祭り」で優秀曲賞をとっていた。

しかもその前には映画「がんばれ!!タブチくん!!」の主題歌も歌ってたって言うんだから。

曲調が全く違うので気がつかなかったのだが、後になってみると既にそのバラエティに富んだ音楽性の一端が垣間見える。

ただこの頃は誰だろうと言うだけで、特別に興味はわかなかった。知り合いにも勧めなかったし。

ある日深夜放送を聞いていたら、なんだか笑い転げてる番組があった。LF専門だった私がたまたまダイヤルを回したTBS。コサキンだった。
なんのこっちゃ解らんが、とにかくゲラゲラ笑ってて、それが根本要。

名前聞いて、「ああ、クリちゃんの人か。ずいぶん若いんだな」と勘違いしたくらい(その人は根本健・作者は根本進)、全く結びつかなくて、確かそのときかかったのが「君のキャトル・ヴァン・ディス」

やっと結びついた。「Northern Lights – 輝く君に -」でタイヤに乗って歌ってた人たち。

そのあと「木蓮の涙」や「もう一度抱きしめて」など珠玉のバラードが多かったのだが、今一歩大ヒットはしなかった。

しかしライブは大盛況だったようで、赤坂泰彦が

「生まれて初めてコンサートというものを見に行くときには、スターダストレビューのライブを見に行け」(wikiより)

といったのは有名な話。

しかしなかなかチャンスがないのとモチベーションが上がらず、やっと行けたのが2012年。

はっきり言おう。これ読んだら絶対に行くべし。
行かないで損したと思った。ホントに見ていて損はない。

確かな演奏力、曲間のMC、切れのあるコーラス、魅惑のアカペラ、と何でCDがヒットしないのか不思議なくらい。ライブ終盤に演奏される「と・つ・ぜ・んFall In Love」などサビがコーラススキャット。
これぞエンターテイメントと言っても過言ではない。根本要のメインボーカルが多いが、他のメンバーの曲も味わい深い。

ちなみにオリコンのベストテンには2曲チャートインしているのだが、1曲は「デェラ・シエラ・ム」、もう1曲は「本日のスープ」。
どちらも単独名義ではない(笑)

というわけで私の好きなスタレビBEST3。

トワイライト・アヴェニュー
彼女とOh My God!
何やってんだろう

でも「大渋滞」もいいし「煙が目にしみる」も「もうチョットだけ何か足りない」も・・・
「と・つ・ぜ・んFall In Love」も「本日のスープ」もって選べないじゃんw

たぬきのMusic Chronicle~第2回~スターダストレビュー」への2件のフィードバック

  1. 私は「VOICE」から。今夜だけきっと、ですよ。このアルバムは擦り切れるほど聞きましたよ、CDだけど。Nights Songs、RENDEZ-VOUS、IN THE SUN, IN THE SHADEとアカペラのCHARMING。大学時代~就職してクルマ買ったころは常にスタレビでしたよ。(あと、a~ha)
    でも、私のBEST3は 今夜だけきっと、木蓮の涙、1%の物語、といったミーハーなやつです。

  2. >こうじさん

    全然ミーハーじゃないと思います。
    90年代より前のアルバムは後から聴いたんだけど、らしい曲が多くていいです。
    今夜だけきっと・・・やっぱいいよねぇ。

    ちなみにアカペラアルバムはDEVOTIONもオススメ。