今年のタイガース回顧

プロ野球セ・リーグは読売の優勝が決まった。
我がタイガースといえばCSの主催権を賭けて、現在2位をうかがっている。
でも、本来ならば優勝していてもおかしくないでしょ。

今日現在、首位打者がいて、打点王がいて、最多勝投手・奪三振王がいて、セーブ王がいて、何で勝ちきれないの??

開幕3戦目の西岡の大ケガは、やむを得ないとはいえ大きく響いたが、かえってクリーンアップが固定出来て良かったという見方も出来る。

セカンドが空いたことで上本が台頭して1番に定着、当初の1番の予定だった鳥谷が3番に回る。理想的じゃないか。

シーズン前大型扇風機の疑いがあったゴメスは、日本の野球に馴染み、扇風機であることを最小限に食い止めた。何度かあった下降期も、大きなスランプに陥らず、見事な活躍だ。

さらに来日5年目のマートンは開幕当初鬼神のごとく打ちまくった。テレビ観戦していても、どこに投げても打ちそうに見えて頼もしいものだった。

開幕前からのウィークポイントといわれていたサードは、日替わりだったが、特に捕手登録の今成がそのバッティングを生かして活躍した。

外野は大和が大きく成長し、その守備力もさることながら、開幕当初は4割近い打率を残し、あの大和がという感じだった。

投手陣は開幕当初「何があったんだ」というくらい打たれた。エース能美、藤浪、今年期待された榎田などなど。

しかし、メッセンジャーを軸に徐々に先発投手は整備され、途中からは岩田も出てきて駒はそろったかに見えた。

石直球といわれた呉昇桓は、藤川球児ほどの安定感はなかったがクローザーとして合格。

これだけのチームで何故勝てないのか?

熟々と原因を挙げていってみる。

  1. 采配に一貫性がない。
    前の試合でマルチヒットの選手を左対左だからとスタメンから外したり、左打者には左投手の中継ぎ、発想が古いというより悪しき固定観念。捕手にしても誰を軸の捕手にするのか、梅野を育てるのか、ベテランを使うのか今ひとつはっきりしない。不振だった福留は、終盤当たりが戻ってきたが、時すでに遅し。ここまで継続して引っ張って使って、やっとの成績では納得出来ない。
  2. 若手の中継ぎがビクビクしすぎ。
    二神、金田、鶴、岩本、歳内、玉置、秋山、伊藤和・・・揃いも揃ってファームでの良さが出ない。シーズン終盤に帰ってきた松田遼馬も連続して押さえられない。何でもっとのびのびと投げられないのか?
  3. その2に連動して安藤、福原に頼りすぎ。二人ともビシッと抑える、安心して任せられた試合が何試合あったか。辛うじて躱しているようにしか見えない。呉昇桓も抑えてはいるが、たとえば三振がほしい場面で取れなかったり、その辺がすっきり勝てない原因の一つ。すっきり勝てなければ士気が上がらないよな。
  4. けが人の多さ。西岡に始まり、福留も離脱。上本が離脱したときは青ざめたが、最短で戻ってきたのは幸い。夏場の苦しい時期の大和の離脱は痛かった。守備力が大きく低下したからね。そして終盤の今成の離脱。もちろん、出られないほどの大ケガだったら仕方ないが、ケガをしないようにケアするのも大事だと思うよ。多少のケガなら、鳥谷といういいお手本がいるじゃないか。

いろいろ挙げてみたが、並べたらやっとわかった。
勝てない原因は、メンタルの弱さとベンチワークの悪さなんじゃないかと思う。
監督が動いた日に勝てない事が多すぎる。連勝してた頃は監督が動かなくても噛み合っていたからね。

何だ、負けるべくして負けたのか(苦笑)。

コメントは停止中です。