たぬきの競馬新聞~第34回ジャパンカップ

斤量の差が勝負を分けそうな予感。

1 1   ジャスタウェイ 牡5 57 福永祐一
1 2   アイヴァンホウ 牡4 57 F.ミナリク
2 3 ジェンティルドンナ 牝5 55 R.ムーア
2 4   エピファネイア 牡4 57 C.スミヨン
3 5   ヒットザターゲット 牡6 57 武豊
3 6 ハープスター 牝3 53 川田将雅
4 7   アップウィズザバーズ 牡4 57 E.ダシルヴァ
4 8 デニムアンドルビー 牝4 55 浜中俊
5 9 イスラボニータ 牡3 55 蛯名正義
5 10   ワンアンドオンリー 牡3 55 横山典弘
6 11   トーセンジョーダン 牡8 57 P.ブドー
6 12   タマモベストプレイ 牡4 57 津村明秀
7 13   ディサイファ 牡5 57 G.ブノワ
7 14   サトノシュレン 牡6 57 川島信二
7 15 × スピルバーグ 牡5 57 北村宏司
8 16 フェノーメノ 牡5 57 岩田康誠
8 17   アンコイルド 牡5 57 戸崎圭太
8 18   トレーディングレザー 牡4 57 K.マニング

たぬきの競馬新聞~第34回ジャパンカップ」への2件のフィードバック

  1. あっきい

    遠征帰りの取捨選択がカギ。
    ◎は1番。内枠で好位キープ。世界一の称号には弱い私。
    〇は6番。たぬきさんもおっしゃっている通り53キロは反則だよなぁ。
    ▲は10番。国内組では最上位評価。ハーツクライが好きなだけだという噂も・・・。
    外国馬に印をつけたかったので☆は2番。騎手に一回くらい乗せてやればいいのに。
    今回はお祭りなので上位3頭中心に入れ込みすぎずに。