愚にもつかない話

愚にもつかない話1。

よく、◯◯の穴が小さいというでしょ。
◯◯の穴が小さいってどういう意味なんだろう?

◯◯の穴が小さいってのは、具体的にどれくらいの大きさなんだろう?
5円玉の穴くらいなのかな。それは確かに小さい。

けど小さいと何か不都合があんのか?
あ、時間はかかりそうだよねぇ(笑)

◯◯の穴が大きいってのも聞かないなあ。
大きい場合の不都合ってあるか?

大きいとすんなり・・・えーと(^^ゞ

穴の大きさを問題にするのも問題だな。

愚にもつかない話2。

「はい、こちら◯◯になります」ってよく聞くやね。

先日美味しいモツをかじりながらこんな会話していたんだが。
同席していた友人がいう。

「たとえば、『かけうどんになります』って言うだろ、じゃ、『持ってくるまではかけうどんじゃなかったんかい!』ってならん?」

まあそうだ。ただ、かけそばでもない。

てにをはの話。でもてにをはのてって何のことだろう。
調べるとたとえば「行ってくる」の「て」らしいんだがね。

日本語が乱れているとかそういう話は置いておいて、飲んでる席での他愛のない、愚にもつかない話はいいね。

コメントは停止中です。