たぬきのマンガ夜話~第1回~「おせん」

  今回の内容は「おせん」 作:きくち正太

 osenmattou

「おせん」全16巻
「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」全11巻
いずれも講談社イブニングKC刊(kindleバージョン有り)

『笠置の宿には過ぎたる花がふたつある
 ひとつぁ 千成神社の弁天桜
 もひとつぁ 本所百軒下田谷屋敷
 江戸の北斎 京伝も
 この花だきゃぁ 筆にもできめぇ
 老舗花茶屋”一升庵” 暖簾に咲いた花の名は
 半田仙こと 通り名 おせん
 まずは衆目衆目』

上記は一巻の巻頭の扉絵に書いてある一節。
料理マンガではあるが、どちらかというと和の文化に重心を傾けた人情ものと言える。作者の趣味であろう料理・骨董などの話題が多く、その手が好きな人には堪えられないテイストである。

主人公は、一升庵という店の呑んべえで食い意地の張った天然若女将「半田仙」、通称おせんなのだが、物語は大学新卒で、甲府の旅館の跡取りでもある江崎ヨシオの視点から語られている。ストーリーは江崎が就職するところから始まり、跡継ぎに帰る直前までが綴られている。

江崎にはグリコというニックネームが付けられるが、この辺のベタさが割とツボ。そういえば、むかし「軽井沢シンドローム」でも純生クンがアサヒとかキリンとか呼ばれてたな(笑)

一升庵という店は、笠置の宿にあると言うことになっているが、当然そんなところは東京にはなく、設定としては鈴木春信の絵画にある、笠森お仙がいた谷中の笠森稲荷神社周辺がモデルと思われる。
戦争で焼けてしまったが、そこには星岡茶寮があり、一升庵の店構えはそれをモチーフにしているのだろう。

料理マンガで和食と言えば、北大路魯山人は避けて通れないのであろうが、同じ料理マンガの「美味しんぼ」と比べるとだいぶん趣が異なる。対比はまた別の機会に譲る。

いろいろと癖のある登場人物が、ストーリーを紡いでいく。大工の棟梁や、ヤクザの親分など、最終的には真っ当であること、筋が通っていることが主眼となっている。

ちなみに塩麹のブームはこのマンガから始まったといっても過言ではない。私の家でも塩麹を作ってあるが、ここに出てくるレシピ通りに作るとかなり日持ちする。
作者が声を大にしているのは

「麹と塩の比率は容積比10:3」

わかりやすく言えば、カップ10杯の麹にカップ3杯の塩。
どれくらい日持ちするかは実験中。少なくとも3年は保っている。ただ、使って減った分は同じ比率で追加しているが。

秋田出身の作者だけに秋田の食文化にもページが割いてあったり、和の文化の話なのにハンバーグ作ったり、カレーパン作ったりとバラエティは豊かだ。
このレシピで作るとかなりの美味。いつか掲載することにする。

一度ドラマ化されたが、作者はドラマのあまりの出来に人間不信になってしまった。私はドラマはドラマ、設定を借りただけだと思って見るからそんなに問
題ないのだが、作者にしてみたら重大なことだ。以下引用(Wikipediaより)。

原作者であるきくちは、このドラマを見た際「原作とのあまりの相違にショックを受けたために創作活動をおこなえない」として連載を突如告知なしで中断した。作者本人はこれについて、作品とは作者にとって子供のようなもの、その子供が嫁に行き、「幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」と語っている。それに関係してか、最終話ではそれまでの「原作」表ではなく「原案」表記に変わっている。

引用部分の頃はちょうど鰹節の話の連載をしていた辺りだろうか。この鰹節の話の出来はかなり秀逸だ。また連載再開後はテレビに対する批判があったりし
て、作者のスタンスが見て取れる。

連載再開前に江崎の妹ヨシ子というキャラクターが登場するのだが、このキャラクターは結構鬱陶しい(笑)こういう、隠し味のような設定が作者は好きなのだろうか。最終回でも、「え、そこかよっ」という場面で登場する。

そのあと、途中に震災があって、作品の方向性が変わっていったような気がするが、最後まで真っ当であることにこだわっているところに好感が持てる。
先代の女将が年の割に老けすぎているんだけどね(笑)

コメントは停止中です。